使わないマンションは運用しよう

「マンションを持っているけれど使っていない」という方、それは非常にもったいないです。マンションを持っているだけでも、固定資産税がかかってしまいますから、持っているだけだと毎年国にお金を搾り取られてしまうだけです。なんにもせずにただただ所持しているだけ、という状況は実に経済的ではありません。

そう考えれば、マンションを賃すなどして収入源として活用をすることをおすすめします。家賃収入があれば、毎年の固定資産税分のお金は優に回収することができますし、あくせく働かなくとも収入を得られるというのは、喉から手が出るほど欲しい状況です。

ただし、マンションの管理、というのは実際問題かなり面倒です。気軽にマンションの賃貸経営を初めて見ると、意外なところで躓いてしまいがちです。例えば、「家賃の契約には二種類あってどっちを選べばいいか分からない」、「管理は全部自分でしなくてはいけないのか」などなど、実際に経営を始めてから様々な疑問に直面することも多いです。

ですが、はっきりと言ってしまえば、これらのことは全て事前に知っておけば対処できるようなことばかりです。どんなお仕事でも同様のことが言えますが、自分自身が仕事を始めるにあたっては下準備を十分にしておくことが大切です。無論それはマンションの賃貸経営にも言えることです。その中でも今回は「マンションの賃貸契約の種類について」と「管理は自分でしなければならないのか」ということについてピックアップして解説したいと思います。

投稿者について

admin