管理は会社に頼める

マンションの管理方法は、自分自身で行うか、それとも管理を行ってくれる不動産会社などに依頼をする、という二種類があります。ですので、必ずしも自分自身がマンションの管理を管理人として行う必要性はない、ということになります。

ただ、管理会社に依頼をすると、それに見合っただけのお金を会社に支払うことになります。管理業務の全てを任せるとそれなりの金額を報酬として払うことになり、旨味が減ります。ただ、管理を任せる内容は自分自身で決めることができ、一部の管理業務を自分だけで行うことも可能で、そのような場合には、自然と報酬として支払うお金も減額されます。一般的には管理会社は家賃の5%程度が相場となっています。それが多いか少ないかは、自分自身がどれくらいの収入が欲しいと思っているかに寄ります。

また、実際に管理会社に依頼をしている方も多いのですが、自分自身ですべての管理を行っているという貸主も少なくはありません。面倒ではありますが、それだけの経営スキルを持っているのであれば、そちらの方が明らかに収入が増えるからです。ただ、これは経営初心者にはあまりおすすめはできませんね。それでも、将来的に収入を当てにしたいのならば、初めは管理会社にほぼすべての管理業務を依頼して、一部だけを自分で行い、少しずつ自分が行う管理業務を増やしていくと、自身の経営スキルも収入も上がっていくので、そのような管理方法もおすすめではあります。

もっと見る

通常賃貸と定期定期借家

まずはマンションの賃貸契約の種類を確認する必要があります。前述の通りこれには二種類に契約があって、通常賃貸契約と、定期借家契約と呼ばれるものです。二種類に分かれているということは、それぞれに違いがあって、メリットもデメリットも違いますので、どちらを選ぶかを自分自身の裁量で決めなくてはなりません。そこに関しては自分自身が賃貸経営を行う上で、明確な基準を持っていると選びやすいので、お金をがっぽりと稼ぎたい、退去してほしいときに退去してもらえるようにしたい、などの基準を考えておきましょう。

では、まずは通常賃貸契約についてです。通常賃貸契約は、かなり多くの賃貸で利用されている契約で、ポピュラーな契約方法です。特徴としては明確な契約期間の限定はできず、借主が希望をした場合には、必ずその希望を受け入れなければならず、契約上は希望をされれば永久的に貸し出すことも可能な内容となっていることです。ですので、貸主側から退去してもらいたい時に退去させられない可能性があるというデメリットも持っています。

次は、定期借家契約です。こちらは貸主が希望をする期間だけの貸し出しをすることができ、契約終了後は再契約を取る、と言う形になりもしも貸主がこれ以上の貸し出しを希望しないのであれば、断ることもできるという特徴があります。ただ、その内容についてはしっかりと貸主に説明する義務が生じたり、家賃が少ない額になってしまったりと、少しデメリットが多いという特性も持っています。

もっと見る

使わないマンションは運用しよう

「マンションを持っているけれど使っていない」という方、それは非常にもったいないです。マンションを持っているだけでも、固定資産税がかかってしまいますから、持っているだけだと毎年国にお金を搾り取られてしまうだけです。なんにもせずにただただ所持しているだけ、という状況は実に経済的ではありません。

そう考えれば、マンションを賃すなどして収入源として活用をすることをおすすめします。家賃収入があれば、毎年の固定資産税分のお金は優に回収することができますし、あくせく働かなくとも収入を得られるというのは、喉から手が出るほど欲しい状況です。

ただし、マンションの管理、というのは実際問題かなり面倒です。気軽にマンションの賃貸経営を初めて見ると、意外なところで躓いてしまいがちです。例えば、「家賃の契約には二種類あってどっちを選べばいいか分からない」、「管理は全部自分でしなくてはいけないのか」などなど、実際に経営を始めてから様々な疑問に直面することも多いです。

ですが、はっきりと言ってしまえば、これらのことは全て事前に知っておけば対処できるようなことばかりです。どんなお仕事でも同様のことが言えますが、自分自身が仕事を始めるにあたっては下準備を十分にしておくことが大切です。無論それはマンションの賃貸経営にも言えることです。その中でも今回は「マンションの賃貸契約の種類について」と「管理は自分でしなければならないのか」ということについてピックアップして解説したいと思います。

もっと見る